HOME > 製品情報 > 河川水位警報ユニット


河川水位警報ユニット

お見積り|  特長  |  機能概要  |  オプション  |  仕様  |  機能比較  |
特許出願中
横浜市 企業提案型SBIR 平成20年度認定企業 新製品
国土交通省 新技術情報提供システムNETIS 登録番号[KT-110027-A]

その場で回転灯とブザーで通知、ネットワークからもアクセス可能(*1)

河川の急激な増水を監視します

親水公園、小河川や用水路など「生活地域」に近い場所での迅速な注意喚起に・工事現場の安全管理に

どんな場所に設置しますか?

  • 親水公園・学校や通学路の水辺
  • 人の集まる河川・河原
  • 住宅街の小河川・用水路
  • キャンプ場
  • 水辺の工事現場
  • その他、急激な増水による注意喚起が必要な場所に

「たぶん大丈夫」ですか? 突然の雨で
まさかの事故が起きる前に・・・あなたの決断と対応が求められています。

本当に必要な機能を

河川水位警報ユニットで実現できること。

  • センサーで増水を検知し回転灯・音声でその場の危険を知らせる。
  • 気象警報に連動して回転灯音声でその場の危険を知らせる(> 詳細)
  • 上流の水位警報を下流に伝送し回転灯・音声で危険を知らせる。
  • 現地で警報が出たことを管理者にメールで知らせる

河川水位警報ユニットはセンサーで常に水位を監視し、急激な増水を検知し注意喚起する警報装置です。また現地で警報がでたことを遠隔地の管理者にメールで知らせます。管理者はインターネットを介して装置の警報状態を確認したり、メールの宛先や装置の設定の一部を変更できます。
万が一、通信システムが不通の場合でも現地水位の観測情報により増水を感知して回転灯とブザーは起動しますので周囲の人間は確実に警報を知ることができます。 河川水位警報ユニットは水のそばにいる人、つまり警報を真っ先に知るべき人に迅速に危険を知らせるための装置です。

単独で動作可能で簡単に設置できるので架橋工事、ダム工事、河川整備工事など、工事期間中の安全を守る警報装置としてもお使いいただけます。


ちょうどいいコストで最大限の効果を

ひとくちに増水の危険箇所といっても、その場所によってユーザーの思い描く理想のシステムはさまざまです。
上流で検出した警報を、他の場所で鳴らしたい。警報装置制御ボックスを設置した場所から離れた所で警報スピーカーを使いたい、等など。 あらゆる要望を一度に全部詰め込むと、小さな機能で使いたい時には1台あたりの価格がとても高価なものになってしまうことでしょう。
だから河川水位警報ユニットはいくつかのオプションを選択することで、必要最小限度の小さなシステムから比較的大きなシステムまで、予算と機能のバランスを調節可能です。
コンパクトな予算で設置する場所にぴったりのシステムを簡単に導入いただけます。

> 河川水位警報ユニットカタログ ダウンロード(pdf)

> 河川水位・冠水警報ユニット オプション一覧 ダウンロード(pdf)

> 製品資料請求のページへ

  • 警報は5段階(4段階+急激増水警報(平常水位も含めて6段階))
  • 最大10mの水位に対応
  • 超音波センサーなので耐久性も安心

特長

急激増水警報機能
急激な増水を検知して警報機能が発動します。
メール送信機能(*1)
警報レベルごとに8つの宛先にメールを送信できます。
警報解除メールも送れます。
*1 ネットワーク、メール機能はオプションです。
遅延なし
増水を検知したその場ですぐに回転灯・音声で知らせます。
電源遮断からの復旧も容易です。
突然の電源OFF後も再設定の必要が無く電源を入れればすぐ復旧します。無停電電源オプションをつけると電源供給がストップしても約40分程度動作可能です。
気象警報との連携機能
弊社の気象警報配信サービスにご登録いただけばお客様側でのサーバーの用意は不要で簡単に気象庁発表の大雨警報・洪水警報などの気象警報と連動することができます。水辺の広場や河川敷・公園など、人の集まる場所の防災に役立ちます!!
低価格
回転灯やスピーカー、音声合成アナウンス、通信の有無など、設置する場所にあった機器構成にすることでコストを最小限に押さえることが可能です。これまで導入ができなかった生活用水路や小河川などにまで設置できます。

構成例:

例1:最も小さな構成での設置例
超音波センサー+制御ボックス+ブザー付き回転灯

ポールに設置してAC100Vを接続、警報水位の設定を行なうだけです。

例2:外部からのコマンドで警報 + 上流で検知した水位を下流で警報

無線インターネット経由で警報を受信し、
任意の河川水位警報ユニットを指定して警報を鳴らします。
注:ネットワーク、メール機能はオプションです。ご購入の際に事前にご相談ください

導入事例

横浜市 河川警報装置
横浜市 道路冠水警報装置

遊水地警報ユニットとしての河川水位警報ユニットの使用

遊水池警報ユニットは水位センサーに冠水センサーを使用します。
検出領域を広く取らずに済む接触式の冠水センサーのメリットを活用した水位警報装置です。 貯水池、遊水池、一部を公園として利用している遊水池などにご利用いただけます。

遊水池警報装置もあわせてご検討ください。



> 製品資料請求のページへ


見積り依頼フォーム

レンタルをご要望の場合

株式会社レックス様にて弊社製品のレンタルを取り扱っていただいております。
詳細は株式会社レックスホームページを参照ください。


【SBIRとは】

SBIRとは、"Small Business Innovation Research"
(中小企業技術革新制度)の略です。弊社 河川水位警報ユニットは企業提案型SBIR 平成20年度認定企業 新製品に認定されました。

>横浜市経済観光局ものづくり支援課 横浜版SBIR/研究開発助成 制度概要のページ