オプション / 冠水警報ユニット

お見積り|  特長  |  オプション  |  仕様  |  機能比較  |

冠水警報ユニットのオプションは多くの部分で河川水位警報ユニットと共通です。オプションを選択することで、必要最小限度の小さなシステムから比較的大きなシステムまで、予算と機能のバランスを調節可能で、コンパクトな予算で設置する場所にぴったりのシステムを簡単に構築できます。

> 導入事例は”導入事例 / 冠水警報システム”のページ

以下に冠水警報ユニットのシステムで選択可能なオプションを紹介します。

基本ユニット:制御ボックスへの回転灯の取り付け

制御ボックスに直に回転灯を取り付けつかどうかを選択可能です。

左写真:音声合成回転灯付き外観、ブザー付き回転灯付き外観(写真は河川水位警報ユニットのものです)
右写真:制御ボックスに回点灯無し外観
> 音声メッセージについて
ボックススサイズは回転灯選択ではなく無停電電源の有無でによって異なります。

センサー

冠水警報ユニットの場合は冠水センサーを使用します。

写真:冠水警報用センサー(左からKSN-SEN01-500,KSN-SEN01-300,KSN-SEN01-1)

超音波センサーは5m用、10m用がございます。
冠水警報用センサー3点タイプ KSN-SEN01-500(500mmの範囲で設定可能)
冠水警報用センサー3点タイプ KSN-SEN01-300(300mmの範囲で設定可能)
冠水警報用センサー1点タイプ KSN-SEN01-1

通信アンテナ

アンテナは設置場所の電波状況により選択となります。

左写真:標準タイプ
右写真:指向性アンテナ(制御ボックスへの取り付け金具付き)

設置の際はあらかじめ電波強度、電波品質の調査が必要です。
指向性アンテナは基地局の方角へ向ける必要があります。

音声合成スピーカー

警報メッセージ3種、最大音量105db(調節機能あり)。
> 音声メッセージについて

大型回転灯

大型回転灯(φ118LED回転灯)とその使用例(河川水位警報ユニット・冠水警報ユニット)
色:赤、黄、緑、青をお選びいただけます。
ポール・LED表示板の上に設置する場合などに。

サブユニット

写真:サブユニットとその設置例
警報ユニット本体から離れた場所に設置したい場合に。有線、接点でI/O信号を受け渡し 河川沿いの遊歩道や通行表示板の上に設置する場合などに。
pi-pi-pi-というブザー音が鳴ります。

メッセージ表示板

写真:メッセージ表示板 横置きでの使用、縦置きでの使用(冠水警報ユニット)

メッセージ表示板 1文字のサイズ304mm(H)x280mm(W) 4文字
(文字サイズは縦置の場合です)
重さ 23kg
視認距離 約100M
I/Fボックスが必要です。
I/Fボックス:400mm×400mm×160mm重量11Kg
メッセージ表示板に回点灯は含まれません。
取付用背板付き(取り付け寸法は図面をご確認ください)

1文字のサイズ440mm(H)x440mm(W) 5文字の大きなサイズもあります。(3文字、4文字表示もできます。)

警報管理ユニット

警報管理ユニット

冠水警報ユニットの警報3段階を16箇所まで受けられます。
通信ユニット、標準タイプアンテナ、ミニ回転灯付き。

通行止めスイッチボックス

スイッチをONすることでメッセージ表示板の表示を「通行止め」表示に簡単に切り替えることができます。
制御ボックスから通行止めスイッチだけ離して設置したい場合に。
(写真:クリックで拡大して表示します。)

無停電電源装置

無停電電源装置つきの場合、制御ボックスサイズは大サイズとなります。

左写真:無停電電源装置装備イメージ
右写真:
ボックスサイズ比較 / (左)無停電電源装備型ボックスイメージ、(右)無停電電源電源なしボックスイメージ

無停電電源ありボックス:(高)500mm×(幅)400mm×(奥)250mm
無停電電源なしボックス:(高)300mm×(幅)400mm×(奥)250mm
上記表示サイズに回転灯、アンテナ、給排気口は含まれません。

通信ユニット(通信オプション)

KDDI携帯電話網を使った無線通信です。

登録後は毎月の費用として回線の基本料+通信料(パケット代)、ラピキャスアカウント料が必要となります。

回線契約、ラピキャスアカウントは警報ユニット1台につき1つ必要となります。
ラピキャスアカウントには1個のメールアカウントが付属します。
「通信オプション」には通信ユニット本体 / 通信回線契約・ラピキャス登録作業を含みます。

通信オプションについて

無線通信ユニットを追加することでメール機能やネットワークを経由した高度なコントロールが可能となります。

無線通信ユニットには株式会社 日立産機システムのCPTransを採用

無線通信ユニットとして株式会社 日立産機システムのCPTransを使用しています。CPTransとあわせて通信サービスとしてパナソニック電工ロケーションズ株式会社 提供のラピキャスサービスをお申し込みいただくことで、メール機能、WEBブラウザを使った遠隔地からの状態参照等の通信が可能となります。

CPTransはKDDIの通信モジュールを搭載しています。
通信網はKDDIのau通信網を使用しているので広いサービスエリアをカバーしています。

関連リンク

株式会社 日立産機システム
CPTrans
http://www.hitachi-ies.co.jp/products/ubiquitous/cptrans/

パナソニックインフォメーションシステムズ株式会社
ラピキャス
http://is-c.panasonic.co.jp/item/rapicas/

音声メッセージについて

音声合成LED回転灯、音声合成スピーカーの音声メッセージは標準メッセージの他に、ご購入時にカスタマイズ(有料:3万円)ができます。
納入後の音声の変更も有償にて承っております。(音声合成LED回転灯の音声変更は変更用SD送付です。音声合成スピーカーの音声変更は交換用ROM送付です。:それぞれ別途お見積いたします。)
各警報に対応する標準メッセージは以下の表の通りです。
警報信号名称音声メッセージ
待機水位音声メッセージなし(回転灯のみ)。
急激増水#♪ 川の水が急に増えてきます。避難してください。
避難判断#♪ 川の水が急に増えてきます。水位が異常です。避難してください。
洪水警報#♪ 水位異常です。非常事態が発生しました。避難してください。
警報テスト開始#♪ これから警報装置のテストを始めます。
警報テスト終了#♪ これで警報装置のテストを終わります。

表記上の注意事項: 「#♪」 = 注意喚起のための”ピンポン”という音声です。