株式会社ユニメーションシステム
Home製品情報Webデザイン業務オンラインソフトウェア販売会社情報サイトマップ

> Home / 製品 / MuWiC Softwareの機能

MuWiC Softwareの機能

/ 特長・概要 / 機能 / 仕様 / 互換情報 / リリースノート /
| MuWiC | MuWiC Software | MuWiC活用法 | 8出力超音波センサー |

バージョン : ver.1.5 | ver.1.4 | ver.1.3 | ver.1.2 | ver.1.1 |

MuWiC Software Ver.1.5

ここでは先進的でユニークなコントローラー、アナログ多点コンパレータ MuWiCを支えるサポートウェア MuWiC Softareの機能について紹介します。

Ver1.5で新しく追加された機能

  • グラフィカル表示画面の表示の拡大機能を追加しました。
  • グラフィカル表示画面の画面サイズを大きく広げられるように変更しました。
  • グラフィカル表示画面の表示に目盛を追加しました。
  • COMポートNoをCOM1~COM99まで選択できるようにしました。
  • ツールバーにいくつかのアイコンを追加しました。
  • アナログ入力電圧モニターパネルの文字表示を大きく見やすくしました。
  • 河川警報装置用 10Mモードを追加しました。

機能1: ログファイラ機能


アナログ入力電圧モニター動作中、入力電圧とコントローラーの出力の状態をログ表示し、.csvファイルに保存します。
保存したファイルはExcel等の表計算ソフトに読み込み、解析やグラフ表示などに利用することが可能です。

ログファイラ仕様

  • サンプリング間隔 1秒~24:59:59の間隔で指定(日付をまたいだサンプリングが可能です。)
  • 2種類の終了モード(個数での終了 / 終了日時指定での終了)
  • 1ファイル最大サンプリング個数 65535個
  • ファイル形式 カンマ区切りのCSV、Shift-JISテキスト

機能2: アナログ入力電圧モニター


アナログ入力電圧モニターで、現在センサーからMuWiCにどのくらいの値の入力がされているかを 数値で見ることができます。

  • クリップボードにコピー機能。

    「クリップボードへコピー」ボタンを押すと表示中の入力値をクリップボードにコピーします。それをそのまま、設定編集画面にペーストできます。クリップした値は「クリップボードにコピー」ボタンの下テキストボックスに表示され、そこで編集を行なうこともできます。編集した値は改めてコピーペーストすることで設定編集に反映することができます。

  • 入力電圧に合わせた入力値表示。

    0-5V、0-10V、4-20mAの設定に合わせて表示します。

機能3: グラフィカル表示パネル


MuWiCに設定する値を色分けされた線で表示します。また、入力電圧モニター中は値がレベルメーターとして表示されるので設定値との比較を視覚的にできます。

  • 現在値をレベルメーターで表示。

    アナログ入力電圧モニター動作中の場合、グラフィカル表示パネルでは現在値をレベルメーターします。ひとつの画面上に条件設定表示線とともに表示されるので、設定の範囲と入力電圧のレベルを視覚的に確認できます。

  • 各チャンネルの条件設定表示をON/OFF可能。

    条件設定表示線は、チャンネルごとに表示、非表示を切り替えられますので多重に重なって設定した場合の確認も容易です。8チャンネル全てを1クリックでON/OFFするボタンも装備しています。

  • Zoom機能で拡大表示

    Zoomスライドバーで2段階表示を拡大出来ます。画面のサイズも広げることが可能です。

  • 線色をカスタマイズ可能。

    条件設定表示線の線色は自由にカスタマイズができます。
    カスタマイズした色設定を保存することができます。

機能4: ログ表示機能


アナログ入力電圧モニター動作中、入力電圧とコントローラーの出力の状態をログ表示します。
(現在、ログをファイルに保存する機能は未対応です。今後のバージョンアップで対応予定です。)

機能4: 出力モニター機能

アナログ入力電圧モニター動作中、コントローラーの出力の状態を赤いマークで表示します。

機能5: 出力論理反転機能

出力反転チェックボックスにチェックマークを入れることで判定結果に対する出力論理が逆になります。MuWiCコントローラーは、初期値でNOに設定されています(通常OFF、条件成立でON)。NCに設定した場合、通常ON、条件成立でOFFとなります。

機能6: 設定データのファイルへの保存と読み込み

設定した条件設定データは、ファイルに保存できますので、変更のための再設定や、複数に同じ設定を行なう時などに便利です。

機能7: MuWiCへの設定データの書き込みと読み込み

USBケーブルでMuWiCコントローラーとパソコンを接続し、MuWiCSoftware上で設定した条件設定データをMuWiCコントローラーに転送できます。(書き込み)
また、既にMuWiCコントローラーに転送済みのデータをMuWiCコントローラーからパソコン側に転送することができます。(読み込み)

このページの先頭へ戻る



copyright (C)2000-2020 Unimation System Inc. allrights reserved.